無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 少し気持ちを忙しくしよう  (0606) | トップページ | 檸檬  (0608) »

2012年5月27日 (日)

深夜放送  (0607)

 土曜の夜、少し根を詰めて読みかけの文庫本を読み始めて、気がついたら午前2時に。

 このままでは、きっと寝付けないと思い、久しぶりに深夜放送を聴く。

 なかなかの味わいである。 さすがにカメさんのオールナイトニッポンは、やってないけれど。(でも最近は、インターネットでもラジオが聴ける時代になったthink

 ペギー葉山の 「学生時代」 がふと流れてくる。

 中島みゆきの 「時代」 が流れてくる。

 ふだんなかなか聴けないメロディーがこころよい。

 「学生時代」 で、ジャンピングするのは、何故か名古屋の鶴舞図書館。当時こころを寄せる同級生がいて、放課後、大曽根駅からJRで良く通ったものだ。甘酸っぱい、せつない、多感な時期で、この歌を聴くたびに、何故かその当時のことを思い出す。

 中島みゆきの 「時代」 は、80年代の結婚してからの歌だけれど、カラオケに行くと薫さんとよく唄う歌だ。思い出すのは、何故か、網走の天都山の友愛荘(その昔ユースホステル、今は、オホーツクの蟹料理で有名なホテル)。
 中島みゆき(彼女は帯広出身)のデビュー時代と僕らの出会い、それと、網走への旅の思い出とかが僕のこころの中で重なっているからなのだろう。

 深夜放送、もう決して若いとはいえないけれど、10代後半の頃のいろんな匂いを、思い起こさせてくれる久々の時間を過ごしました。

 僕の仮住まいの道路を挟んでまん前は、24時間のコンビニで、週末ともなると、四六時中、夜更けから夜明けまで、若者たちの声が聞こえてくる。でもそれは、今のところ聞き苦しい騒音・・・というでもなく、しいていえば、この深夜放送のようなものだと気づいた。

 さすがに休日の前夜ぐらいしか、今はお付き合いできないけれど、たまに、深夜放送を聴いてみたいという最近の僕です。

 人気ブログランキングへ

« 少し気持ちを忙しくしよう  (0606) | トップページ | 檸檬  (0608) »

メロディジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507685/54822184

この記事へのトラックバック一覧です: 深夜放送  (0607):

» 暑いのもイヤだけど寒いのもダメ [☆雪様\(~o~)/☆わいわい]
年中常春のところに住みたい。 [続きを読む]

« 少し気持ちを忙しくしよう  (0606) | トップページ | 檸檬  (0608) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アクセス地域

j-どらごんの軌跡

  • タイムカウンター

ブログランキング

  • 人気ブログランキングへ

 + -